サンワ食研公式ブログ

2020.12.23 女性の大敵!腰の冷えはどうすればいいの?

「冷え性」と言えば手が冷たい・足先が冷えるといった、体の末端部分が冷たい症状をまず思いうかべる人が多いのではと思います。

心臓から遠く、血液がうまく回らない手足の末端部分は、体の中でも一番「冷えやすい」ので、みなさんもお悩みのひとつとなっているのではないでしょうか。
その手足以外で、女性で多いと言われている体の冷える部分はどこかわかりますか?

実は、多くの女性が冷えていると感じるのは腰まわりなのです。
ではなぜ、どういう原因で女性は腰が冷えやすいのでしょうか。



◼︎女性が腰が冷える理由とは? 
まずは体の構造上の理由です。

その男性と比べて筋肉量が少ない。
→筋肉が動く事で熱が作られて体が温まるので、男性より女性は筋肉が少なく、つきにくいので、熱をつくり出す力が弱く冷えやすいのです。

下腹部に女性特有の子宮や卵巣などの臓器が複雑に密集しているため。  →女性特有の臓器が密集しているほか、月経で熱を運ぶ血液が奪われるため冷えやすいのも理由のひとつです。

それとプラスして、若い女性などに多いのですが、季節に関係なく薄着なのも腰を冷やす原因になっています。
女性は、腰を冷やすことによって、慢性の腰痛になったり、婦人科疾患にかかりやすくなったり、腎臓の働きを鈍らせてしまったりと様々なトラブルが起こりやすくなります。
腰を冷やすということは女性にとってひとつも良いことはありません。


●腰の冷えの改善法
では日常で腰を冷やさないように気をつける事とは? 

 ☆きつい衣服(下着)をつけない。 
腰回りの血流を妨げないように極度にキツい、しめつけるようなものは身につけないようにしましょう。

腰まわりを動かす。
床に座り、足の裏同士を合わせて、息を吐きながら状態を前に倒しましょう。硬くなった腰かわりの筋肉をやわらかくすることによって血流改善し腰が温まります。

腹巻きなどで腰まわりを温める。 
外側から温めるには、腹巻きが効果的です。最近では薄手で服をきても目立たないものもありますので、生活スタイルに合わせるのもいいのですよね!

 女性にとって腰まわりの冷えは、健康にも美容にも大敵です。慢性的な腰痛に悩まされている人も腰まわりを冷やさないように上の改善法を参考にしてみてくださいね!



サンワ食研公式ブログ


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社案内
採用情報

ページトップへ