サンワ食研公式ブログ

2020.09.25 気づきにくい隠れ冷え性「内臓型冷え性」

近年増えてきていると言われている、「内臓型冷え性」を知っていますか?
女性だけではなく男性にも増えているこの冷え性は、隠れ冷え性とも言われており、手指や足先といった末端の冷えほど自覚がなく気づきにくいのが特徴です。
お腹に触れたとき「冷たい!」と感じることがあれば、注意が必要かもしれません。


内臓型冷え性とは?
冷えを感じやすい手足の指先などには冷えを感じず、体の内側の内臓が冷えて不調を感じてしまう冷えです。
よくある症状は「朝起きたとき、お腹が脇の下より冷たい」「胃腸が弱く、腹痛や下痢を起こしやすい」「低体温」「だるく疲れやすい」「トイレが近い」などがあります。

実は体の内側が冷えることで、めぐりが悪くなり肩こりや腰痛がひどくなる、免疫力が低下、基礎代謝が落ちるなど、腸の働きが悪くなることで肌の調子も悪化したりさまざまな悪影響があります。

◎内蔵型冷え性の原因ってなあに?

1.運動不足
運動不足で筋肉からつくられる熱が少なくなる、無理なダイエットで熱をつくる食べ物をきちんと摂っていないなど、体内で熱をつくることができなくなるため。

2.自律神経やホルモンバランスの乱れ
男性・女性を問わず、ストレスの影響も多いと言われています。ストレスが多いと交感神経の働きが過剰になり、手足の血管が収縮して冷え性になるといわれています。

3.体を冷やす飲み物や食べ物を摂り過ぎる
生活習慣の乱れも原因の一つです。からだを冷やす飲み物や食べ物を摂取している人も注意が必要です。
体温が下がって元に戻りにくくなるだけでなく、運動不足や油分の多い食事などの不摂生も重なると、内臓脂肪を蓄えやすくなって太りやすくなってしまいます。
実はダイエットをしても痩せない原因は、この冷え性が大きく影響しているとも言われています。

予防、改善方法は内側からも外側からも温める
バランスのよい食事を心がけ、体を温める食べ物を食べる。(生姜やネギ、鶏肉、味噌など)特に発酵食品はおすすめです。発酵食品をとると酵素の活性化につながり、食べ物の消化、栄養分の吸収がしっかりできるようになり、腸内に善玉菌が増え腸内環境も整えてくれます。

このように、内臓がしっかりはたらいてくれると代謝アップに繋がります。飲み物は冷たいものを飲み過ぎで胃腸を冷やさないようにし、飲み物はなるべく温かいものを飲みましょう。
内臓型冷え性では、首とお腹を冷やさないことが大切といわれているので、お湯にゆっくり浸かり体を芯から温めることを習慣化し、お腹まわりが冷えてしまったら、寝るときだけでも腹巻きやカイロなどで温めましょう。
大切な臓器がいくつも集中している体の内側は、健康、美容どちらにも関わるので、お腹の冷えには気をつけてくださいね!



サンワ食研公式ブログ


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会社案内
採用情報

ページトップへ