体が冷えると起こる思いがけない体の不調とは

冷え性といっても、その症状はさまざまで手や指が冷える人がいれば足先や足全体が冷える人、お尻に冷えを感じる人、腰に冷えを感じる人など100人いたら100通りの冷え方があります。

こうした体の冷えは「体質だから仕方ない」と放置されがちですが実は思いがけない不調の原因になっていることがあるんです。

体が冷えることで起きる不調

免疫力の低下

体が冷えると免疫力が低下する

細菌やウイルスが体に入ると免疫が働いてこれらの害を防いでくれます。

体が冷えるとこうした免疫の働きが低下します。
一般的に体温が1度下がると免疫力は30%低下すると言われています。

個人的にも冷え性の人は風邪をひきやすいひとが多い印象があります。中には年中風邪をひいてるような人もいますよね…。
こうした人は免疫が低下しちゃってるのかもしれません。

基礎代謝が低下する

体が冷えることで低下するのは免疫力だけではありません。避けて通れない人が多いダイエットにも関係しています。

体が冷えると基礎代謝が低下します。

基礎代謝とは呼吸や消化などの生きていくための活動で消費されるカロリーのこと。
※ちなみに年をとって痩せにくくなるのは加齢で基礎代謝が低下するからです。

体温が1度下がると基礎代謝は15%前後下がると言われています。
成人女性の平均的な基礎代謝が1200キロカロリーですから、冷え性の人は150キロカロリーくらい消費できていないことになります。

150キロカロリーというと大体ジョギング20分くらいでしょうか。
その分太りやすくなるんです。怖いですね。

便秘しやすくなる

体が冷えると便秘しやすくなる

体が冷えると手足などの末端の他に内臓も冷えてしまいます。内臓が冷えると働きが鈍くなります。

特に影響が出るのが「腸」。
体の冷えで腸の働きが鈍くなると排出する働きも弱くなってしまい便秘を招きます。

便秘は苦しいだけでなく肌の調子を崩したりさまざまな影響を与える女性の敵。

昔より体調を崩しやすくなった、太りやすくなった、便秘がちになった。。
思い当たる節がある人は知らず知らずに体が冷えてしまっているのかもしれません。

暖かくなってもこうした症状が出ている人は体を温める食べ物を摂るようにするのがおすすめ。特に「あさイチ」などでも話題になった乾燥生姜は非常に効果的。

乾燥生姜には生の生姜にはほとんどない「ショウガオール」という体を芯から温めてくれる成分が豊富です。

サンワ食研の乾燥生姜粉末は溶けやすい細かい粉末でドリンクやスープにぴったり。
すりおろす手間も無いので簡単に使えます。

チャック付きの袋だから保存にも便利。賞味期限も長いので安心して使えます。
お求めはこちらからどうぞ。

LINEで送る
Pocket