暖かくなっても足の冷えがとれない人に共通しているNG習慣

札幌はまだまだ桜の便りは先ですが、全国的にはお花見シーズンに入りましたね。

北海道のお花見は寒さに震えながらやることの方が多いのであんまりメジャーじゃないんですが、ニュースで見ると楽しそうで羨ましいです。

春になってポカポカとした陽気に誘われて気分も良くなる頃ですが、今でも足が冷えるという人も少なくないんじゃないでしょうか。

暖かくなっても足が冷える人には共通するNG習慣がありました。

足が冷える人に共通する4つのNG習慣

薄着をしている

足が冷える人に共通する4つのNG習慣 薄着をしている

春はうっとうしいコートから解放されておしゃれを楽しみたくなる季節ですね。
ですが、おしゃれをするとどうしても薄着になってしまいがち。

薄着によって意識しないうちに体を冷やしてしまうので、足が冷えることにつながってしまうのです。

からだが効果的に温まる!冷え性の人が温めるべき3つの場所

以前に書いた記事ですが、薄着をする際に体を冷やさないポイントが書いてあるので参考にどうぞ。

パンプス・ヒールなどのきつめの靴

足が冷える人に共通する4つのNG習慣 きつい靴を履いている

パンプスやヒールは足をキレイに見せるためにやや細身のものが多いですよね。

きつめの靴は足を締めつけてしまい、血の巡りを悪くしてしまうことにつながります。
巡りが悪くなると結果的に冷えることになってしまいます。

足が冷える人はなるべくならこうした靴を避けるか、こまめに脱いで足の指を動かして巡りが悪くならないように注意する必要があります。

シャワーだけで済ませる

寒い時期は湯船に浸かる人も多いと思いますが、暖かくなってくると面倒になってシャワーだけで済ませることが多くなってしまいます。

お風呂にゆっくりと浸かるのは体を芯から温めるには非常に効果的。
シャワーだけでは芯から暖まるのは難しいですから、冷え性ならばなるべくお風呂に浸かることを意識したほうがいいでしょう。

冷たいものの摂り過ぎ

足が冷える人に共通する4つのNG習慣 冷たいものの摂り過ぎ

春になって暖かくなってくると、飲み物も温かいものから冷たいものにシフトします。

冷え性の人は体の中で熱を作る働きが衰えている人も多いので、冷たいものの摂り過ぎは直接影響します。

なるべく温かい飲み物を飲むようにするのがベストですが、キンキンに冷えた飲み物は避けて、常温に近いものを飲むようにするだけでもいくぶんマシになります。

いかがでしょうか?

この時期でも足が冷えるという人はちょっと重症な冷え性さんかもしれません。

冷え性は代謝や免疫力の低下とも関係していますから、放置はいけません。
普段の生活の中から、冷え性改善に取り組みましょう。

生姜が冷え性の方に人気なのはご存知ですよね?
でも実は「すりおろし生姜」では冷え性対策にはならないんです。

生姜は【乾燥】させることで冷え性対策に有効な『ショウガオール』という栄養素が増えるんです。

乾燥生姜粉末は日本一の生姜産地・高知県の高品質な生姜を乾燥・粉末化したもの。
味噌汁やスープに加えるだけで体の芯からポッカポカに!

LINEで送る
Pocket