体温を上げて免疫力を高める方法

体温を上げて免疫力を高める方法

日本人の平均体温が年々下がってきているのはご存知でしたか?
むかしは平均36.5度近くあった体温も、今は35度台の人もかなり多くいるようです。

体温が低い人は高い人よりも病気にもかかりやすく、普段の平熱より1度下がると、免疫力は3割低下し1度上がると5〜6倍免疫力がアップすると言われています。

免疫力とは

免疫力とは

外から体の中に入ってくる、ウイルスや細菌から体を守る力のことを言います。
その免疫力が低下すると、インフルエンザや風邪にかかりやすくなってしまいます。

例えば、平熱が高い人低い人に同じ風邪のウイルスが体の中に侵入してきても、平熱の高い人は免疫力が高いため風邪はひかず、低い人は風邪をひいてしまうことになります。

風邪やインフルエンザだけではなく、低体温の35度はがん細胞が活発になりやすいと言われています。低体温は、大きな病気へとつながる可能性もあるのです。

免疫力を上げる

免疫力を上げる

冷えた体は免疫力が低下しています。
体の中の血流を改善し温め、体温をあげることが免疫力アップにつながります。

筋肉量をアップ

低体温の原因の一つに筋肉量の低下があります。筋肉は体の中でもっとも熱を生み出しているので、筋肉量が少なくなると体温があがらず低体温となってしまいます。基礎代謝も悪くなってくるので、痩せにくい体質になってしまいます。
日頃から体を動かすように心がけて、筋肉量アップを目指しましょう。

オススメ!朝のウォーキング

朝は1日の中で一番体温が低い状態です。体温が低い朝にウォーキングすることで、一気に体温を高めると1日の体調が良くなり、低体温にも効果があります。

食事の改善

免疫細胞を作る素となるたんぱく質(鶏肉・魚など)、免疫細胞を守り粘膜を作るビタミン類(にんじん・ほうれん草・いちご・バナナなど)免疫力を高めるポリフェノール(紅茶・ブルーベリー・大豆・ごまなど)を含む食べ物を食べると免疫力アップに効果があります。

オススメ!朝と夜の白湯

朝と夜に白湯を飲むと血流がよくなり体温をあげるのに効果的です。また代謝アップにもつながります。50〜60度ぐらいの温度が目安です。

体温を上げるストレッチをご紹介!

立ったままでもできる簡単ストレッチになります♪

1、まず、その場に立ってつま先立ちをします。
2、そしてかかとを床に着けます。

たったこれだけです!

この動作をただ20回繰り返して下さい。
そんなに急ぐ必要はないので、自分のペースでかまいません。
たったこれだけの動作で、血流が上がり、体温も上がります。

簡単ですよね?
電車を待っているときなどちょっとした時間にできてしまうストレッチですので、おすすめです。

まとめ

体が冷えて、体温が低いと免疫力が低下し大きな病気へとつながる可能性もあります。
体温を1度上げるだけでかなりの免疫力アップにつながるので、まずは1、2度…と少しずつ体温を高めて丈夫な体をつくっていきましょう!

LINEで送る
Pocket