冷えてつらい!末端冷え性の症状とその原因

末端冷え性といえば、指先やつま先などのからだの先っぽの部分が冷たくてつらいという症状ですよね。

手や足の先は血管が細くて、温かい血液がめぐりにくいからどうしても冷えやすいですが、できる対策はたくさんあります。

末端冷え性の症状とは

末端冷え性の症状とは

末端冷え性は手足の先が冷えてしまう症状です。

ひどくなると、感覚が無くなったり、ジンジンと痛むような冷えを感じたりする場合もあるようです。

また、末端冷え性の人は布団に入っても手足の冷えでなかなか眠れないという症状の人も多いようです。

冷え性でない人からすると、冷えの辛さがなかなか理解されずに悩んでいるという人もいるようです。

末端冷え性が起こる原因

末端冷え性が起こる原因は、自律神経の乱れが関係しています。

自律神経は体温調節や汗をかいたりする機能を司る神経です。

現代はクーラーや暖房で夏なのに涼しかったり、冬なのに暑かったりして人間が本来持つ体温調節の機能が低下していると言われています。

このためうまく体温のコントロールができなくなり、冷えやすい末端に症状が出てしまうのです。

内臓の冷えも末端冷え性を招く

コンビニや自販機の普及で冷たい飲み物がいつでも手に入るようになったことで、冷たいものをとる機会が多くなりました。

この影響でお腹や内臓が冷えています。

内臓が冷えると、本来持つ働きを維持できなくなるので、人間のからだは新鮮な血液を内臓に巡らせます。本来手足まで行くはずだった新鮮な血液まで内臓を温めることに使われるようになったため、手足の冷え(=末端冷え性)が増えたのも原因の一つと考えられています。

末端冷え性の改善には冷たいものをとりすぎない、適度な運動をする、食事に気をつけるなど地道な努力が欠かせません。

すべてをしっかりやろうと思うと大変なので、自分で取り組めるものから少しずつ習慣にしていくことが大事。

無理せず、自分でできる範囲から始めましょう。

LINEで送る
Pocket