冷えを改善して足汗を解消する方法

冷えを改善して足汗を解消する方法

「冷え性」と「汗かき」って正反対のイメージがありませんか?

体が冷える人は寒がりで、汗かきは暑がりと一般的には思われていますよね。自分でも「私は汗かきだから暑がりな人」と思っている人も多いのでは。

しかし、それは本人の思い込みかもしれません。

実は体が冷えてる人は、汗をかきやすい傾向があるのです。とくに足の裏に汗をかく「足汗」で悩んでいる人が多くいます。足汗はそのままにしておくと、その汗でまた足が冷えてきたり、靴下や靴を履いているとにおいのもとにもなります。

冷えと足汗の関係とは?

冷えと足汗の関係とは?

人間の体は大事な臓器を守るため、優先して血液をそちらに流します。そのため末端の血管は収縮して手足が冷たくなってきます。どんどん冷たくなると、今度は体は末端に血液をおくりはじめます。そしてその急激な温度変化によって末端部分に熱がいき、足汗をかくことになるのです。

この不快な足汗解消に効果がある、2つの対策方法を下記にまとめてみました。

足汗対策に効果的な2つの方法

足汗対策に効果的な2つの方法

足湯

42~43度ぐらいの少し熱めのお湯をはったバケツに10分ぐらい浸かります。浸かりすぎはあまりよくないので、何度かにわけて浸かりましょう。浸かりながら足の指や足首を動かすと、血行も促進されよりいっそう効果的です。

応用編)アロマオイルを数滴たらすとアロマテラピー効果もあり、オススメです。

靴下をはく

足汗をかくのが嫌で、自宅でも裸足のままの人がいますが靴下を履くようにしましょう。靴下(できれば5本指靴下)を履き、汗をかいたらこまめにふき靴下を履き変えるようにすると、足も温まり、においなども気にならなくなります。

根本的な原因は冷えによる血行不良ですので、体を温めたり足を温めたりと、まずは末端部分の血行改善をすることが重要です。血行が改善されると急激な温度変化もなくなり、足汗も解消されてくると思いますよ。
不快な足汗を解消してさらさら素足で生活しましょう!

LINEで送る
Pocket