不快な冷えのぼせの原因と改善の方法とは

手や足の先は氷のように冷たいのに、頭や顔はなんだかポッポと暑い。
そうした症状を「冷えのぼせ」といいます。

言葉だけ聞くと「たいしたことないんじゃない?」と思いがちですが、手足が冷たいのに顔は暑いという状態は実に不快。なった人にしかわからないかもしれません。

こんな冷えのぼせの原因と対策を探ってみました。

冷えのぼせの2つの原因

不快な冷えのぼせの原因と改善の方法とは

冷えのぼせが起こる原因の1つ目は「血液の循環が悪くなっている」こと。

手や足などの末端が冷えている状態は、からだのすみずみまで血液がめぐっていないから起こります。

逆に顔や頭が暑いのは、こちらに血液が過剰に供給されているからと考えられます。

正しいバランスで血液の供給がされていれば、本来は温度差が発生しませんが、そのバランスが崩れていることで、このような症状になっていると考えられています。

冷えのぼせもう一つの原因は加齢による女性ホルモンの減少です。

更年期に冷えのぼせの症状が出やすいのはこれが関係しています。

この2つの理由を踏まえた上での冷えのぼせ対策を見て行きましょう。

冷えのぼせに有効な対策とは

血流を良くしてめぐりを促す

冷えのぼせの根源は「からだの中のめぐりの悪さ」がもとになっています。

裏を返せば血流を改善してからだの中のめぐりを良くしてあげることで冷えのぼせの改善になります。

血流を良くする方法は 誰にでもできるポカポカに足を温める方法を参考にしてください。

自律神経を整える

自律神経は暑さ・寒さを感知して体温を調整するように働きかける神経。
冷え性の人はこの自律神経の働きに乱れが生じていることが多いといわれています。

この神経は加齢によって女性ホルモンが減少することにも影響を受けるため、女性は特に注意が必要です。

自律神経を整える方法としては、

  • ストレスをためない
  • からだを冷やさない
  • しめつけの強い下着を着ない
  • タバコは控える
  • ぬるめのお風呂にゆったりつかる

などがあります。

暖房をつけると暖かい空気が上にいく関係で「冷えのぼせ」を感じやすくなります。
冷えのぼせを感じるということは、冷え性の症状が出ているということなので、油断は禁物。しっかり対策をしましょう。

LINEで送る
Pocket