意外に悩んでる!お尻の冷えを解消する3つの方法

お尻の冷えなんて考えたこともなかった!

「冷え性」というと手や足先に強く感じる人が多いと思います。
手や足に次いで冷えを感じやすい部分にあげられるのが実はお尻なんです!

手や足の冷えと明らかに違うのは、自分で感じにくいという点です。
確かに、「お尻の冷えなんて考えたこともなかった!」という方も多いのではないでしょうか。
しかし、自覚が無い分、気が付いたら症状が進行してしまった・・・という事態になりかねません。
仕事でデスクワークが多い人などは、どうしても座っている時間が長くて血流が悪くなってしまいがち。
血流が悪くなったところが冷えてしまいますので、自然とお尻が冷えてしまうわけです。

冷える場所には脂肪がつきやすい

お尻はからだのなかでも冷えやすい部分で、体温で平均より3度ほど低いと言われています。

これはお尻の皮下脂肪が燃焼してしまわないようにするためと言われています。
つまりお尻は冷やしていると脂肪がつきやすく落ちにくい場所なんです。

ドテッとした安産型よりもきれいなヒップラインの方がいいですよね。
そのためにはお尻を冷やさないことが大切なんです。

足のむくみもお尻の冷えが原因!?

血流が悪くなることで、連鎖的に起こるのが足のむくみ。

むくみは余分な水分や老廃物がうまく流れずにたまってしまうことで起こるのですが、お尻が冷えてめぐりが悪くなることでこれが誘発されてしまうことがあります。

では、お尻の冷えを改善するにはどういう対策が有効なのでしょうか。

お尻の冷えを改善する3つの方法

ウォーキングをする

お尻の冷えを解消するにはウォーキングが効果的

お尻の周りの血液の循環をよくする最良の方法は筋肉を動かしてあげること。
それにはウォーキングが有効です。

ウォーキングを行うと、お尻周りだけではなく太い血管のあるふくらはぎの刺激にもなり効果抜群。

ウォーキングをするときは、おしゃれなヒールの靴ではなく、歩きやすい靴を履いて気持ち早歩きで歩くといいでしょう。

カイロをお尻ポケットに入れる

デスクワークが多い人は座る時間が長いので、運動をしたくてもなかなかできません。

なので、冷やさないようにする対策が有効。

そこで手軽なのがポケットカイロをお尻ポケットに入れておくこと。

冷えによって血液の流れが悪くなってしまうのを温めることで食い止めるというわけ。
お尻の血流を整えることで全身のめぐりが良くなる効果も。

湯たんぽを活用する

Early morning game drive comfort
photo by Brian Snelson

寝ている間も筋肉を使わないのでお尻が冷えてしまいやすい時間。

なので、寝る前に湯たんぽをお尻が当たる位置に置いて、布団を温めておくという方法があります。
これを行うと、お尻から腰にかけてがポカポカとして、非常に心地よく眠れます。

不思議とこれをやると眠りが深くなるのかよく眠れる気がします。
翌日スッキリ起きられる感じになるので、眠れない方もオススメです。

いかがでしょうか。気にならない人は全く実感がない「お尻の冷え」ですが、意外と見た目にも健康にも深く関わっているんです。

手軽に始められる方法ばかりなのでぜひ試してみてくださいね。
温め効果が違う!金時しょうが粒はこちらで販売しています。しょうが サプリ 金時しょうが

LINEで送る
Pocket