あなたも冷え性かもしれない?隠れ冷え性の正体

冷え性は、成人女性の2人に1人といわれています。成人女性の半数は冷え性に悩まされているということですが、「私は手足は冷えないし大丈夫!」と思っている女性も、実は冷え性の可能性があるかもしれないのは知っていましたか?自覚症状がないため、冷え性だとわからないだけで、実は「隠れ冷え性」の可能性があるのです。

下の『隠れ冷え性チェック』で診断してみましょう。

隠れ冷え性チェック

【項目】

  • 顔や手足がほてる
  • 太ももやお腹が冷たい
  • 肩こりがある
  • 顔色がさえない
  • シミやそばかす、くすみなど肌トラブルがある
  • 体がむくむ
  • 胃腸の調子が悪い
  • 朝起きるのがつらく、寝つきが悪い
  • 痩せにくく、太りやすい

どうでしたか?ひとつでも当てはまる項目があれば隠れ冷え性の可能性があります。

隠れ冷え性とは。。。

隠れ冷え性とは

手足が冷えるなどの自覚症状がなく、体の中の内臓が冷える冷え性のことをいいます。人の体は寒くなると手足などの末端部分の血管を収縮させ、温かい血液を内臓に集めようとします。しかし体質的な問題や精神的ストレス、生活環境によって体温調節がうまく機能せず、内臓に温かい血液が回らなくなり、体の表面に血流が集中して、手足は温かくなり内臓は冷えてしまうのです。

起床時にお腹とわきの下をさわってみて、お腹の方が冷たかったら「隠れ冷え性」の可能性があるかもしれません。

隠れ冷え性の改善方法

隠れ冷え性の改善方法

【外側から温める】

  • 血流の多い部分(太もも・お腹・腰・二の腕)を温める
  • 湯船につかる(半身浴やフットバスも効果的)

【内側から温める】

  • 冷たい飲み物を控える
  • 「陽性」の食べ物といわれる、体を温める食べ物を摂る。
    (しょうが・ねぎ・にんにく・ごぼうなど)

内臓の冷えは、基礎代謝を低下させ免疫力も下がるので、風邪や様々な病気にかかりやすくなります。「手足が温かいから大丈夫」と安心せず、隠れ冷え性がわかったら内臓をしっかり温めて冷えを改善してくださいね。

LINEで送る
Pocket