足が冷えて眠れない人のための2つの対処法

冬になると、びっくりするほど布団が冷たいことありますよね。
モコモコな毛布はまだマシですが、つるつる素材の掛け布団は肌触りからしてヒヤッ!とすることも。。
それに冷たくなった布団は温まるまでに時間がかかるのも辛いところ。

冷え性の人は冷たい布団で足が冷えて眠れないと感じることが多いと思います。

そこで、快適に眠れるようにする冷え性さん向けの2つの対処法をご紹介します。

靴下を履いて寝ると足を冷やしてしまう

足が冷えて眠れない人のための対処法

寝る時に靴下を履いて寝ているという人もいます。
でも実は、逆に足を冷やしてしまう可能性があります

人は寝ている間に汗をかきます。
中でも足は汗をかきやすい部位で、足の裏はコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。

靴下を履いていると、足の裏に余計に汗をかきやすくなってしまいます。
汗は体温を下げるために出るものですから、より足を冷やしてしまうことになります。

レッグウォーマーでふくらはぎを温める

足が冷えて眠れない人はふくらはぎを温める

寝る時に温めるべきなのは足の先ではなく、ふくらはぎ。

ふくらはぎには太い血管が通っています。ここの血流が悪くなれば足の先にめぐる血液も少なくなってしまい、冷えやすくなってしまいます。

ふくらはぎを温めるにはレッグウォーマーが便利。

最近のレッグウォーマーは通気性が良く、長時間つけていても肌触りが優しい生地でできているものも多くあります。寝るときにつけるのであれば、睡眠の質を悪くしないためにも通気性の良いものを選びましょう。

また、ギュッと締めつけのあるものは血流を悪くするうえ、睡眠の質にも影響してくるので締めつけの強いものは避けましょう。

レンジで温める湯たんぽが便利

IMG_3833
photo by naosuke ii

冬の冷たい布団の対策としておなじみなのが「湯たんぽ」。
最近はレンジで温めるタイプの湯たんぽが出ています。

これのメリットは、お湯を沸かす手間がかからないこと。
そしてお湯を捨てるという手間がいらないこと。

朝はバタバタと忙しい時間帯。1分1秒が惜しいときに余計な仕事は増やしたくないですよね。

それに、昔ながらの湯たんぽはゴツゴツとした硬さのあるものが多くて、使い心地の良い物ではないですが、レンジで温める湯たんぽは中にジェルが入っていて「柔らかさ」があるので、睡眠の邪魔をしません。

それに足先だけじゃなく、ふくらはぎ、腰、お腹、おしりと冷たいなーと思う場所に使いやすいという点で優れています。

快適な睡眠は大事です

睡眠時間はしっかりとっているのに、日中眠くなってしまう。それは睡眠の質が悪い可能性があります。

足が冷たくて眠れないことが続くと、そのことがストレスになってしまって睡眠の質が下がってしまうことにつながります。

疲れがとれない、寝ても寝ても眠たいという原因は足が冷たいことにあるかもしれません。

悩んでいる方はぜひ取り組んでみてくださいね。

LINEで送る
Pocket