冷え性改善の温め習慣が続かない5つの理由

手足が冷たくてつらいとき、あなたはどうやって対処していますか?

カイロや靴下、ひざかけなど対症療法的な対応をすることが多いのではないでしょうか?
一時的にはそれでしのげても、冷え性が改善されたことにはなりませんので、また同じつらさを味わうことになってしまいます。

冷え性を治すために有効なのは温め食材のショウガを食べること。
しかし「なかなか続けられない!」というお声もよく耳にします。

ショウガで行う冷え性対策が続かない5つの理由とその解決法をご紹介します。

【理由1】面倒

まずは一番多く挙げられる理由が「面倒」「手間がかかる」という声。

確かにショウガをすりおろしたり、すりおろしたショウガを使ってショウガ湯を作ったりするのは毎日だと非常に手間がかかってしまって大変ですよね。
しかもショウガはすりおろしたてが一番効果が高いと言われていますから、保存には向きません。

そのため一番効果的にショウガを摂るためには摂る度にすりおろさなければなりません。
そうなるとより一層面倒になってしまいます。

【理由2】レパートリーが少ない

ショウガを食べて温まろうと思ってもショウガをたっぷり摂ることのできる料理というのは案外少ないもの。
ショウガは香りづけや薬味としての利用がメインなので、意外と量を食べることが難しいんです。

紅ショウガをたくさん食べるにしても、塩分が気になりますし…。

【理由3】甘過ぎ・糖分が気になる

ショウガはショウガ湯やショウガ糖などに代表されるように砂糖との相性がいい食べ物。
しかし、女性には糖分の摂り過ぎはやはり気になるものですよね。

市販されているショウガ湯には一杯100kcalほどもある高カロリーなものもあります。

冷え性対策のためとはいえ、これほどの高カロリーな飲み物は毎日は飲めませんよね。

【理由4】ショウガの辛さが苦手

ショウガには独特の辛さや苦さがあります。

この元になるのがショウガオールという成分。
このショウガオールという成分は辛味成分であると同時に体を温めてくれる成分でもあります。

しかし辛いものが苦手な方やショウガが好きでない方も多いですよね。
「冷え性だけど、辛いものは苦手…」という方はショウガで冷え性対策をするのはなかなか大変です。

【理由5】あきらめている

最も良くないのがこのケース。
「冷え性は体質だから…」
「もう何十年も続いているから…」
と、言い訳をしていませんか?

冷え性は体質ではなく生活習慣が主な原因です!

では、今挙げたような続かない理由を解決するためにはどうしたら良いでしょうか?

手間をかけず、簡単に、ヘルシーに

続けるために必要なのは
1.簡単で手間がかからないこと
2.いつでもすぐにショウガを補給できること
3.糖分が気にならずヘルシーであること
3つ。

この3つをクリアしたのがショウガをサプリメントにした「金時しょうが粒」です。

金時しょうが粒のパワーの秘密は乾燥ショウガ。
乾燥ショウガは生ショウガに比べて温め成分のショウガオールが数百倍も多く含まれているので冷え性の方にぴったりなんです。

金時しょうが粒では栄養価と風味を損なわない独自の乾燥技術を使って乾燥させているのでご家庭では決して得られないポカポカパワーを実現しています。

金時しょうが粒
金時しょうが粒(1袋30粒入/約半月分)
1袋 1,680円

【おすすめ】毎月(または隔月)自動的に届く
習慣づけしやすい定期購入コースが人気

1ヶ月分 3,360円 → 2,856円

その都度ご注文いただくコースも1ヶ月分まとめて買うとお得
1ヶ月分(通常コース) 3,360円 → 3,192円

LINEで送る
Pocket