冬目前!たった3つのポイントを抑えるだけの冷え性対策

121025_01

10月も終わりが近づき、冬の足音が聞こえてきました。
気温も下がり、”涼しい”から”寒い”に変わってきましたね。

冬は冷え性さんにはつらい季節ですが、「冷え性対策は寒くなったら始める」という方が少なくありません。
1日でも早く「冷え性対策」を始めることが、冬を楽に過ごすためにはとっても大切。

今日は寒い季節に備えた「冬目前!たった3つのポイントを抑えるだけの冷え性対策」をご紹介します。

筋肉を目覚めさせる

日頃から体を動かさないと、血を巡らせる力が弱くなってしまい循環が悪くなります。
筋肉は熱を作るので運動不足だと熱を生み出す力が弱まってしまいます。熱を生み出す働きそのものが弱ければ、どれだけ厚着をしても体は温まりません。
「温まる」ためには普段から意識して筋肉を動かして刺激することが大事。

効果的に筋肉を刺激するには、大きな筋肉を動かすことが大事。背筋や太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉なのでオススメ。
簡単に出来るスクワットなどは効果も高くてオススメです。

入浴で汗腺を活性化させる

半身浴で汗をかいて汗腺をしっかり働かせましょう

胸から下だけをお湯につける「半身浴」38℃前後のぬるめのお湯に30分程度つかっていると、じんわりと汗が出てきます。
運動不足で汗をかかない生活を続けていると、汗を分泌する汗腺の働きも鈍くなり老廃物を排出する働きが衰えてしまいます。

新陳代謝を促す意味でも汗をかくことは大切。
好きな音楽をかけたりしながら、リラックスできる時間の確保につとめながら、健康になっちゃいましょう。

体が温まるものを食べる

人は暑い時期には体を冷ますものを、寒い時期には温めるものを食べて過ごしてきました。
冬に旬を迎える食材は温める食材が多く、積極的に摂りたいもの。
特にたんぱく質やミネラルが豊富な食材はオススメです。

ショウガは数ある食材の中でもトップクラスの温めパワーを持ちます。その秘密は「ショウガオール」という成分。

ですがこの「ショウガオール」は生ショウガにはほとんど含まれず、”乾燥ショウガ”でなければ十分な量を摂ることが出来ないのです。

乾燥ショウガを100%使用して作った「温効生姜(おんこうしょうが)」はお湯に溶くだけでお召し上がり頂ける手軽なショウガ湯です。

市販のショウガ湯には砂糖がたっぷり使われていて、1杯当たりのカロリーが100kcalを超すものもありますが、「温効生姜(おんこうしょうが)」は砂糖を使用していないから1杯たったの5kcal。

体を温めるなら乾燥ショウガ100%のショウガ湯「温効生姜(おんこうしょうが)」がおすすめ
初めての方にはたっぷり14杯分お試し頂けるお試しパックもご用意しております。
温効生姜 お試しパック(14包入) 1,050円

既にお試しの方は20包入り/60包入りをお求めください。
温効生姜 20包入 2,415円
温効生姜 60包入 6,930円

継続利用には定期購入がおすすめです。
温効生姜 20包入 定期購入 2,415円 → 2,294円
温効生姜 60包入 定期購入 6,930円 → 6,090円

LINEで送る
Pocket