生姜湯はいつ飲むと効果的?

syougayu
「体が冷えるから生姜湯を飲もう!」

「でもいつ飲んだら良いんだろう?」

せっかく生姜湯を飲むなら効果的に活用したいですよね。
そんな方へ生姜パワーを存分に活用する2つのポイントを伝授しちゃいます。

【1】体温リズムに合わせよう

rhythm
人間の体温は1日の中で上がったり下がったりしています。
一般的には活動が多くなる昼間は体温が高くなり、睡眠をとり体を休める夜は低くなります。

  • なかなか布団から出られない
  • サッサと動けない

こんな経験は誰にでもあると思います。
実はこれ、体温が上がりきっていないからだと考えられています。

つまり、朝に体を温めることは目覚めをスッキリさせ、1日を元気に過ごすためにとっても有効なんです。

【2】夜は体温が下がりやすい

先ほどの図に戻って夜の時間帯をご覧ください。

体は睡眠へ向けてどんどん体温を下げようとします。
でも、手足が冷たいとなかなか寝付けないことはよくありますよね?
そんな時にもしょうが湯は大変効果的。

寒さを感じず朝までグッスリです!
温効生姜ならカロリーもほとんどなく、もちろんノンカフェインなのでピッタリ!)

しょうが湯を飲むなら朝か夜!
体が冷える方はぜひ実践してみて下さい。

LINEで送る
Pocket