【特集】別名:だらだら祭とも呼ばれる芝大神宮「生姜祭り」

eyecatch

芝大神宮「生姜祭り(別名 だらだら祭り)」とは

江戸の秋祭りを代表する祭の1つなのが、芝大神宮(東京都港区)の「生姜祭り(別名:だらだら祭り)」です。
9月11日〜21日の11日間もの長さに渡って行われるお祭りであることから、口の悪い江戸っ子から「だらだら祭り」と言われるようになったと言われています。
2005年には一千年を超え、今現在も親しまれている生姜祭りをご紹介致します。

生姜祭りの起源

ise芝大神宮の主祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)の2神。
江戸時代伊勢神宮に参拝する「伊勢参り」が流行しましたが、江戸に住む農民にとって伊勢はあまりに遠く、1名の代参を伊勢参りさせることがやっとだったと言います。
そこで、伊勢参りの変わりとして伊勢の神々を祀る芝大神宮の参拝が盛んに行われるようになったと言われています。農民達は秋の収穫時期に大神宮へ参拝したとされていますが、神社側は一人でも多くの参拝を受け入れるために少しずつ祭礼の期間を延ばしたことで今のような11日間の開催になったようです。

生姜祭りと言われる所以

matsuri芝大神宮の創建時、周辺には生姜畑が数多くあったためたくさんの生姜が神前に供えられたそうです。
それが参拝者にも売られるようになり、生姜が薬として利用されていたこともあり、芝大神宮の生姜を食べると、厄が祓われ風邪をひかないと言われるようになりました。
現在でも生姜を買い求める参拝者が多いと言われており、脈々とその歴史が受け継がれています。

め組の喧嘩の舞台となった

megumi芝大神宮を有名にしたのが歌舞伎の演目「め組の喧嘩」。
芝大神宮で相撲が開催された際にめ組の鳶である辰五郎と力士・九竜山の間で些細なことから口論が始まる。その騒ぎがだんだんと大きくなり、火の見やぐらの早鐘を鳴らしたことで大乱闘へと発展しました。
両者は裁判にかけられることとなり町奉行、寺社奉行、勘定奉行による異例な裁定の結果「勝手に鳴り出した半鐘が悪い」という粋な計らいで半鐘が遠島され、首尾よく収まったのでした。現在では半鐘を供養するお祭りも2月に開催されています。

LINEで送る
Pocket