ショウガ紅茶が風邪予防に効く2つの理由

121206_01

今年も残り1ヶ月を切り、師走らしい雰囲気が感じられるようになってきましたね。
気温もぐぐっと下がって、本格的な冬の到来が感じられる頃ですね。

この季節になると急増する風邪。
風邪は予防が大切!ということで、この冬お勧めしたい風邪予防対策をご紹介します。

風邪予防に有効なカテキン

カテキンというと、今は脂肪燃焼を連想される方も多いのではないかと思いますが、実は健康に関しては万能な成分。
脂肪燃焼の他にも、抗菌・殺菌効果、口臭の予防など様々な効果があり、その力が活用されています。

風邪やインフルエンザ予防にもカテキンは非常に有効。
冬場に「紅茶うがい」をして風邪予防を勧める医師もいるほどです。

ポカポカになると免疫力がアップ

人間の体は病気の原因となるウイルスや菌が入らないようにそれらをブロックする機能があります。
それが「免疫力」というもの。

「免疫力」は体温が37℃前後の時に最も活発に働くと言われています。

しかし近年、低体温化が進み、平熱が35℃台という人もいるほど。
低体温になると、「免疫力」が低下し、ウイルスや菌に対する抵抗力が衰えてしまいます。

そこで注目されているのがポカポカ食材のショウガ。
ショウガに含まれるショウガオールという成分が体のめぐりを促してポカポカにしてくれます。

風邪をひいた時にはショウガを食べると良いというのはここからきているんでしょうね。

カテキンとショウガのパワーを併せたしょうが紅茶がおすすめ

風邪予防に有効なカテキンとショウガを一緒に摂れるのが「しょうが紅茶」です。
作り方は簡単。ティーバッグでいれた紅茶にお好みの量のすりおろしたショウガの絞り汁を加えるだけ。

紅茶のカテキンとショウガのショウガオールが簡単に補給できます。

女優の小雪さんも健康のために飲んでいるということで話題になったこともあるんですよ。

もっと簡単にしょうが紅茶を楽しむ方法もあります

しょうが紅茶を飲みたいけど、すりおろすのが面倒!という方は、チューブのショウガを活用したり溶くだけのしょうが紅茶を使うのも手です。

チューブのショウガは入れた紅茶にお好みの量のショウガを加えるだけ。
風味がやや劣りますが、量の調整もしやすく便利です。

お湯に溶くだけのタイプはサッと溶けるので、手間入らず。
1杯分ずつの分包タイプになっているのが基本なので、ショウガチューブを持ち歩く必要もなく便利です。

121206_02
しょうが紅茶
1箱30包入り 2,940円
詳細はこちら

この冬はしょうが紅茶で風邪知らずに過ごしましょう!

LINEで送る
Pocket