しょうが紅茶とは?

eyecatch

しょうが紅茶(生姜紅茶)が密かなブームとなっています。

最近では手軽に楽しめるティーバッグタイプや粉末タイプも登場し、誰でも簡単に楽しめるようになりました。

しょうが紅茶(生姜紅茶)はヘルシー、そんなイメージを皆さん持っていると思います。 ここではしょうが紅茶(生姜紅茶)の特徴についてご紹介していきます。

一見するとミスマッチ。しょうがと紅茶の組み合わせ

img_01しょうが紅茶(生姜紅茶)は文字通りしょうがと紅茶を混ぜたもの。ティーバッグでいれた紅茶にしょうがを混ぜるだけというとても簡単に作れる飲み物です。

最近では女優さんや政治家が健康維持や体型維持に飲んでいるとテレビで紹介されて話題になりました。一見するとミスマッチな組み合わせにも感じますが、紅茶の芳醇な香りとしょうがのスパイシーさがうまくマッチして美味しい飲み物です。

インドでは煮出した紅茶にミルクとしょうがを加えて飲むジンジャーチャイがオヤツがわりによく飲まれています。

すりおろしたり、スライスしたり。作り方はさまざま。

しょうが紅茶(生姜紅茶)の作り方もさまざま。

しょうがをすりおろして作るものもあれば、スライスしたしょうがを浮かべる、絞り汁だけを入れる、茶葉と一緒に煮出すなどなど… 甘みも砂糖やハチミツ、シナモン、プルーンなどのフルーツで甘みをつけたりと、皆さん好みに合わせて甘みをつけているようです。

また、最近ではティーバッグに紅茶としょうがが入ってお湯から抽出するだけで飲めるタイプのものや、粉末タイプでお湯に溶くだけで飲めるもの、シロップタイプでお湯や水で割って飲むタイプのものなどが発売され、その健康効果と相まって非常に人気が高まっています。

img_02

LINEで送る
Pocket