冷え性でも手足が熱い?!その原因とは。

冷え性でも手足が熱い?!その原因とは。

これから本格的な夏本番!ですが、熱中症や夏バテには一層気をつけなければいけない時期になってきました。冷え性とは無縁の季節だと思いがちですが実はそうでもありません。

季節に関係なく手足が熱いと感じる人はいませんか?
夏だと気温も高いのでよけいにそう感じることもあると思います。

この、手足が熱いという症状も実は冷え性のひとつ「隠れ冷え性」の可能性があります。
隠れ冷え性というのは、手足が冷たいという一般的な冷え性の症状がないので自分では冷え性だと気付きません。

自分の腰まわりや太ももの体温が、わきの下より冷たく感じるようなら隠れ冷え性の可能性があるかもしれませんね。

冷え性なのに手足が熱くなる原因

一般的に多いとされる冷え性は、からだが生命維持に重要な内臓を守るため、血流を集中させ内臓を温めようとするので、手足などの末端まで血液がいきとどかなくなり手足が冷くなります。

それとは逆に、手足が熱いとされる隠れ冷え性は内臓の温度が低く、末梢血管が拡張して体の熱が外へ放出されるので手足が熱く感じます。特に夏は暑いのでからだは熱が逃げやすいからだになっているので余計に手足が熱く感じられるかもしれません。

この隠れ冷え性は冷たい物の食べ過ぎ飲み過ぎや筋力の低下、またはストレスによる自律神経のバランスがくずれたりすることがおもな原因になります。

内臓が冷えるとからだがだるいと感じたり便秘や下痢などの原因にもなります。とくにからだの免疫細胞の約6割が腸にあるので、腸を冷やすと免疫力の低下にもつながります。

原因となる冷たい物の摂り過ぎやストレスをためないこと、または適度な運動をこころがけて隠れ冷え性を改善していきましょう!

LINEで送る
Pocket