夏風邪と冷えは関係している?その原因と予防とは

夏風邪と冷えは関係している?その原因と予防とは

夏に風邪をひきやすいっていう方いませんか?
夏の風邪はお腹が痛くなったり胃腸が調子悪くなるといった声を多く聞きます。
夏風邪の原因ってなんなのでしょうか?

今年の夏を楽しく元気に過ごすためにも夏風邪の原因と予防をまとめましたので活用してみてくださいね!

夏風邪の原因は免疫力が関係している?

夏風邪の原因は免疫力が関係している?

夏風邪は体の免疫力が低下していると、かかりやすくなります。

体の免疫力が低下する原因として、

・会社や電車内での冷房で体の冷やし過ぎてしまう
・夏の高い気温で夏バテになり食欲不振や疲労感がある

などが主な原因となります。
免疫力をつけることが夏風邪のウィルスから身を守ることにつながります。

この夏風邪に多いウィルスは、高い温度と高い湿度の環境を好み活動的になります。
この高温多湿を好むウイルスの中に、胃腸を不調にするウィルス(エンテロウイルスやアデノウイルス等)がいるので夏の風邪はよくお腹にくるといわれています。
腹痛や下痢が多いのはそのせいになります。

夏風邪を予防しよう!

夏風邪を予防しよう!

風邪のウィルスは鼻や喉の粘膜から侵入ことが多いので、まずはうがい、手洗いをしましょう。風邪をひいたときの基本ですよね!

それと冷房や冷たい食べ物、飲み物で体を冷やさないことです。
体の内側が冷えていると、体温も低下し免疫力がおちてしまいます。体の冷えは免疫力と直結しますので季節に関係なく、体の中を温めることは大切です。

あと夏風邪の流行時期にはなるべく人が多くいる場所などはさけましょう。
マスクなどをしてうつらないようにすることが大切です。

上の予防法を参考にして夏風邪をひかないように気をつけましょうね!

LINEで送る
Pocket