夏の大敵、冷房病のすぐに出来る簡単な対策とは。

あと一週間でいよいよ7月!

夏の暑さもこれから一段と暑くなり夏バテにも気をつけなければいけない時期ですね。
夏バテもですが、冷房病にも注意が必要な時期でもあります。

みなさんなんとなく知っているという人は多いと思いますが、どういう症状で原因なのかをまとめてみました。

そもそも冷房病(クーラー病)って何?

夏の大敵、冷房病のすぐに出来る簡単な対策とは。

年々気温が高くなってくる現代、冷房は夏にはなくてはならないものになりました。外では暑くて汗がだらだらでも、室内に一歩はいれば冷房で一気に涼しく快適になりますよね。
最近では冷房がききすぎて、寒いぐらいの室内もあります。

そんな寒いぐらいの室内で、お仕事したりお店で買い物したりしていると外が暑かったことを忘れるぐらい、逆に寒くなったりすることが多くの人はあると思います。

そしてまた外に一歩出ると、暑さでバテてしまう。。。

夏はこのくり返しが多くなってきますよね。

実はこの繰り返しが「冷房病」の原因となります。
この外の暑さと中の寒さの温度差の違いが、体温調節の役割がある自律神経のバランスをくずしてしまい体にさまざまな症状が起きたり冷えの原因となります。

冷房病の改善策とは

暑さを我慢しすぎるのも体にはよくありませんので冷房と上手につきあっていきましょう。

まずは、「冷房の設定温度」です。

標準の設定温度は、25〜28℃ぐらいとされてますが、外との温度差や人によっても体感温度はちがうので、あまり寒いと感じない設定温度にしましょう。

公共の場や会社など人がたくさん集まる場所での冷房対策は、設定温度も変えることはむずかしいと思うので、洋服を一枚着たりひざ掛けやストールなどで寒さを予防するのがいいでしょう。

その次に、体の中を温めるために「温める食べ物を食べる」ことです。

夏はやはり暑いのでどうしても冷たい食べ物や飲み物ばかりの食事になることが多いです。

しかし冷たい食べ物で体の中を冷やしてしまうと内臓も冷えてしまい冷えを悪化させてしまいます。温かい食べ物や飲み物をとって、体の中を温めて血流を改善すると冷えの症状も改善されてきます。寒い室内にいるときはなるべく体を温める食事で、中から温めましょう。

このように外からと体の中からと体が冷えないような対策をしてあげることが冷房病の改善策になりますよ。今年の夏は冷房病に負けないように元気に楽しく過ごしましょうね!

みの方のからだをぽかぽかにする商品です。

LINEで送る
Pocket