夏の冷えの解消は「自律神経を整える」

夏の冷えの解消は「自律神経を整える」

札幌では連日30℃以上の暑さが続いています。
この時期でこんなに暑いのはめずらしいので、暑さに弱い私はバテぎみで大変です。
これからどんどん暑くなる季節というのに、今からこれでは不安ですが…。

最近のような高い気温だと、体が冷えたり寒いなんてことはないと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、実は暑い夏にも「体の冷え」はあるのです。夏の冷えは、冬とは違った原因で体が冷えます。

その原因と症状についてまとめてみました。

夏の冷えの原因とは

夏の冷えの原因とは

夏の冷えの主な原因は自律神経のみだれによるものです。
これからの季節、25〜30℃以上の気温になる日も多くなり、汗だらだらの猛暑の屋外と、冷房のきいた屋内は、気温差はとても大きくなります。

この温度差が、体温を調整している自律神経のバランスを崩してしまいます。
自律神経のバランスがくずれると、血流が悪くなって冷えをまねいたり、その他さまざまな機能を低下させます。肩こりや頭痛、疲れやだるさの症状もそのひとつです。

この、さまざまな症状の原因となる自律神経のみだれを改善するには、食事や運動など規則正しい生活が重要です。

・食事は一日3食とる(朝食は体温をあげてくれるのできちんととりましょう)
・適度な運動(軽いストレッチやウォーキングなどがオススメです)
・半身浴をする(体を中から温めてくれて、こりや疲れをとってくれます)

きちんとした生活で、自律神経のバランスを整えることが夏の冷えの解消につながります。

LINEで送る
Pocket