冷え性をしっかり治すための夏の過ごし方

気温が高くなると冬は冷え性で苦しんでいる人もつかの間の休息といった感じで楽に過ごせるようになりますよね。ですが、冬の冷えは夏の過ごし方によってかなり変わってきます。夏も体を冷やさないように注意することで冷え性を治すことができるんです。

冷え性を治すための夏の過ごし方を知って、冬を楽に過ごしましょう。

冷え性を治すためにはエアコンの頼り過ぎに注意

冷え性を治すためにはエアコンの頼り過ぎに注意

日本の夏は蒸し暑いのでエアコンが欠かせません。一方でエアコンが普及するのにあわせて冷え性の人が増えています。今では女性の70%が体の冷えを感じるというほど。
冷え性に悩んでいて、冷え性を治したい!と考えているなら夏のエアコン対策は必須。

基本的には寒くないように

まず、設定温度ですが人によって暑さ・寒さの感覚はバラバラ。だからこの温度にしておけばOKというものはありません。

原則として「寒い」と感じない温度にしておけば大丈夫です。

温度設定が変えられないなら自衛する

オフィスでは自分の好みの温度に設定することは出来ないですよね。
そうした場所に長時間いるときは自衛するしかありません。

  • ひざかけをつかって足元を冷やさないようにする
  • スカーフで首元に直接冷風が当たらないようにする
  • 夏でもはおれるカーディガンを用意する

こうした対策を用意しておくことが大事です。

夏も湯船につかる

夏は暑いのでどうしても湯船に入らないでシャワーで済ませてしまうことが多いですよね。冷え性を治すという意味では夏こそ湯船につかるべきなんです。と、いうのもエアコンによって思いのほか体が冷えていることに加えて、体を芯から温める「半身浴」は夏のほうがやりやすいんです。

半身浴はみぞおちの下までお湯につかる入浴方法ですが、冬場はどうしてもお湯から出ている部分(肩とか)が冷えて、体が温まる前に寒くてしんどくなってしまうんです。
夏は気温が高いので、肩が出ていても気になることが少ないので、半身浴がやりやすいというワケ。

お湯も浴槽の半分以下で済むので経済的!汗をかくと気持ちいいですよ。

冷たいものの飲み過ぎに注意

夏は外をちょっと歩くと滝のように汗が出てきます。だから冷たいものが飲みたくなるんですよね。

ただ、冷え性を治すと考えているなら摂り過ぎには注意してください。

特にジュースとかスポーツドリンクはキンキンに冷やすと美味しいですが、飲み過ぎてしまいがち。しかも砂糖が入っています。砂糖は体を冷やす食べ物ですから、冷え性さんにとってはあまり歓迎できるものじゃないんです。

冷え性を治すための夏の過ごし方はこの3つに気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket