末端冷え性を改善したい人はこの2つを習慣づけよう

冷え性の中でも特に多いのが手や足の先が冷える「末端冷え性」です。

「末端冷え性」が起こる原因は血管。指先は血管が細いので、心臓から送られる血液がきちんと循環しにくいため体温が伝わりにくいのです。そのため「冷え」として症状が現れてしまうのです。

女性の多くがこの「末端冷え性」で悩んでいると言われています。
「末端冷え性」を改善する方法をまとめました。

末端冷え性に効く運動・ストレッチ

血液の循環を良くするには、運動やマッサージが一番!足は第二の心臓と言われることがありますよね。足を動かすと、心臓へ血液が戻る働きが活発になるので体全体の血のめぐりが良くなるので特に下半身の運動は効果が高いです。

ウォーキング・ランニング

ランニング・ウォーキングは末端冷え性の改善に有効

最もベーシックな運動で、お金もかからず簡単に誰でも取り組めるのがウォーキングとランニングです。

ウォーキングもランニングも足を動かすので全身の血をまんべんなく行き渡らせてくれるので末端冷え性の人にはベストな運動です。

散歩でもいいですが、よりしっかりと踏みしめて足を動かすウォーキングの方が効果が出やすいのでオススメ。初心者の人は1日15分くらいを目標に始めましょう。

ウォーキングでは物足りなくなったらランニングもオススメ。ゆったりしたペースのスロランはダイエットにも効果あり!

ストレッチ

テレビを見ながらでも出来るストレッチも毎日続けることで冷え性改善に役立ちます。
ふくらはぎのストレッチ

1.片膝を曲げた膝立ちの状態になる
2.重心を前にかけて腰を落としかかとを押し出す

ふくらはぎのリンパマッサージ

1.足首の横に手をあてる
2.軽い圧をかけながら膝の裏まで左右交互に手を滑らせる

ふくらはぎを刺激することで、ウォーキングやランニングと同様に心臓に血液を押し戻す働きが高まるので、末端冷え性の改善に役立ちます。

末端冷え性の改善になるお風呂の入り方

夏になるとシャワーだけで済ませてしまうことが多くなりますが、冷え性を改善したいならきちんと湯船につかって体を暖めましょう。

末端冷え性を改善するためには入浴は半身浴が絶対オススメ。

40度くらいの少しぬるめのお湯にみぞおちの下くらいまでつかります。時間は20〜30分。ゆったりとつかることで手や足の先までしっかりと温まります。
冬はお湯につかっていない部分(肩とか)が寒くなってしまうことがありますが、夏ならそういう心配もないので冬よりやりやすいです。

末端冷え性は体質ではなく、生活習慣が原因になっています。
自分の生活を見直して冷えのない生活を目指しましょう。

LINEで送る
Pocket