お風呂で体を温める!効果的な3つの入浴方法とは

お風呂で体を温める!効果的な3つの入浴方法とは

体を温める方法といったらいろいろとありますよね。
温かい食事や飲み物などで体を温めたり、運動で体を動かしたり、たくさん着込んで外側から温めたりさまざまです。

そんな体を温める方法の中で、一番温まるのが毎日のお風呂ではないでしょうか。
湯船につかるお風呂は体を芯から温めてくれるし、ほっとできるリラックスタイムにもなりますよね。

そんなお風呂の入浴方法についてまとめてみました。

お風呂による3つの効果とは

まずは、お風呂の効果について。
お風呂には主に3つの効果があるといわれています。

温熱効果
温かいお湯に浸かることで、血管が広がり血流が良くなります。
冷えや疲れ、肩こりなどが改善されます。
水圧による効果
下半身にたまった血液が、心臓へ戻り全身へと血液の循環を促進してくれます。それにより下半身のむくみなどが改善されます。また、毛穴もひろがって、皮脂や汚れなどを落としてくれます。
浮力による効果
お風呂の中では浮力がはたらき、地上の10分の1の重さになります。日常体重を支えている筋肉は浮力によって緊張がやわらぎ、こりや疲れが解消されます。

このような効果は、すべて体の冷えを改善してくれる効果になるので、お風呂はとても有効な冷え対策になるのです。

ではどのような入浴方法が効果的なのでしょうか?

体を温める入浴方法

体を温める入浴方法

  1. コップ1杯のお水を飲みましょう。(発汗を促す)
  2. 38℃前後のぬるめのお湯で約20分ぐらいゆっくり浸かりましょう。
  3. お風呂上がりは、素早く水分を拭き取ってからだが冷えないようにしましょう。

このように、ぬるま湯にじっくり浸かるのが体を温めるには大切です。
お風呂で身も心も温まって、一日の疲れを癒しましょう!

LINEで送る
Pocket