冷え改善以外にもあんな効果が!ふくらはぎを温めるといい理由。

冷え改善以外にもあんな効果が!ふくらはぎを温めるといい理由。

ふくらはぎが第2の心臓と言われているのは知っていますか?

「心臓」と呼ばれるくらいなので、ふくらはぎはからだにとって、とても重要な役割をしています。

体を循環する血液は心臓より上の場合、重力によって自然と心臓にもどっていきますが、
心臓より下の血液は、重力に逆らって心臓にもどらなければなりません。

この心臓より下の血液を、心臓に戻すポンプのような役割をしているのがふくらはぎです。

このふくらはぎの機能が衰えてしまうと、血流が悪くなりその症状が進むと血栓ができてしまい、頭痛やめまい、吐き気などからだ全体に不調をきたすようになってきます。
以上のようにふくらはぎというのはからだにとって、非常に重要な役割を果たしています。

ふくらはぎを温めると痩せる?!

ふくらはぎを温めると痩せる?!

では、この重要な役目をはたしているふくらはぎは、どのような状態がいいのでしょうか?
触ってみて自分のふくらはぎを確認してみるといいですよ。

●良い状態のふくらはぎ
温かく、やわらかく、弾力がある状態
●悪い状態のふくらはぎ
冷たくてハリのない、パンパンにはっているむくんだ状態

悪い状態のふくはらぎのようなら、こちらのマッサージを参考にしてみてくださいね。
血行が良くなり、温まってくるのがわかります。

悪い状態のふくはらぎのようなら、こちらのマッサージを参考にしてみてくださいね。
血行が良くなり、温まってくるのがわかります。
つい強く押してしまいがちですが、痛くならない程度にやりましょう。
「いた気持ちいい」ぐらいがちょうどいいですね。

そして、血行が改善されると、足先までの血液循環もよくなり、指先の冷えの解消にもなるほか、体温もあがってくるので、基礎代謝が高まります。体温が1℃あがると基礎代謝は13%もアップすると言われていますのでダイエット効果にもなります♪

これから温かくなってくる季節、そして夏に向けて痩せたいと思っている女性は、ふくらはぎを温めたりマッサージをして、下半身の血行を改善してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket