冷え性の人が乾燥生姜を使うべき4つのメリット

冷え性の人が乾燥生姜を使うべき4つのメリット

体にいいと評判の生姜。その中でもじわじわと人気を上げているのが乾燥生姜。

乾燥生姜の人気の秘密に迫ってみました。

乾燥生姜は温め効果が強い

乾燥生姜は温め効果が強い

生姜に含まれる体を温める成分はジンゲロールとショウガオールという2つの成分。
ジンゲロールは生の生姜に多く含まれ、ショウガオールは乾燥生姜に多く含まれています。

この2つの成分の違いは温め方。

ジンゲロールは手や足など体の表面を温めてくれるのですが体の深部(内臓)などにはほとんど効果がありません。それに対してショウガオールは手や足はもちろん内臓など全身を温めてくれるという点で異なります。

最近では全身を温めてくれる働きから冷え性の女性を中心に乾燥生姜の人気が高まっています。

乾燥生姜は量がとりやすい

乾燥生姜は量がとりやすい

健康のために生姜を食べようとしてつまづきやすいのが、健康のために役立つだけの量を摂るのが難しいこと。

生姜は料理に使うと言ってもどちらかといえば脇役的な位置で薬味や香りづけに使うくらい。
生姜をメインにした料理というのがあまりないんですよね。

その点で乾燥生姜は生の生姜から水分が抜けてかさが減っているので、小さじ1杯程度でも生の生姜に換算すると相当な量を摂ることができます

粉末になっていてスープや薬味にも使いやすいのも便利ですよね。

乾燥生姜はすりおろす手間がいらない

乾燥生姜はすりおろす手間がいらない

生姜を料理に使うときに面倒なのがすりおろしたりする調理の手間
生姜はボコボコしているので皮もむきづらいですし、繊維質でおろし金ですりおろすのも力が要りますよね。

乾燥生姜ならそんな手間は一切必要ないので、毎日でも続けやすいのが特徴です。

生姜を健康のために食べるのは、1日だけではまったく意味がありません。
継続してこそ生姜のもつ力が発揮されるのでこうした手軽さはあなたの大きな助けになるはずです。

乾燥生姜は使いやすい

乾燥生姜は使いやすい

量がとりやすいというところでも書きましたが、乾燥生姜は細かい粉末になっているのでお湯にもサッと溶けます。

生姜湯を作るときも乾燥生姜にお湯を注いでお好みの甘みをつければもう出来上がり。
思い立ったときにパッと使えるんです

それに生の生姜は冷蔵庫の片隅で忘れられたりしてついつい使い切れないことも多いですよね。

乾燥生姜は水分がないので、カビなどの心配はなくしっかりと密封して保存していれば生の生姜よりもずっと長く持ちます

生の生姜にしろチューブの生姜にしろ使い切れなくて結局捨ててしまうなんて人にもお勧めです。

乾燥生姜をご家庭で作るのは難しい

こうして乾燥生姜の便利な点をご紹介しましたが、実はご家庭でも乾燥生姜を作ることができます。

ただ、作るには生姜を薄くスライスして一週間ほど干したり、オーブンを使って作るなど少々手間がかかります。
しかも、しっかりと水分を抜かないとカビが生える原因にもなりますから作ろうと思うとなかなか大変です。

そこで便利なのが、乾燥させて使いやすい粉末(パウダー)に加工した乾燥生姜

細かい粉末になっているので、生姜湯や料理にも使いやすくなっています。

乾燥生姜粉末は料理にも使いやすい

生姜をすりおろす手間も必要ないですし、すりおろし生姜よりも温め効果が高いですので健康のために生姜を摂ろうとお考えの方にピッタリです。
保存もチャック付きの袋だから袋のまま使えます。

原料の生姜は日本一の生姜産地である高知県産。
安心して食べてもらいたいという熱意の元、できる限り農薬を使わずに丁寧に育てられた生姜を使って作りました。

小さじ半分でピリッとした生姜の辛さを味わえる乾燥生姜粉末で体をぽっかぽかにしませんか。

乾燥生姜粉末
乾燥生姜粉末
価格 1,260円(送料別)
お求めはこちら
数量限定ですのでお早めにどうぞ!

LINEで送る
Pocket