テレビを見ながらできる!眠りの質と肩こりの改善法

130321_01

「肩が冷えて寝つけない」
「肩が寒くて夜中に目を覚ますことがある」

こんな経験はありませんか?
肩は人間のからだの部位の中でも冷えやすい部分。寝る時も毛布を肩まで覆って寝るという方は多いんじゃないでしょうか。

今回は肩の冷えを改善する方法をご紹介します。

肩の冷えは肩こりの原因にも

首から肩にかけては、重い頭を1日中支えるため筋肉が緊張し、血流が悪くなりがち。
血流が悪くなると、冷えを感じやすくなるほかに肩こりなどの原因にもなります。

肩を温めることは、肩こりなどを軽くするほかに睡眠の質を改善する効果も期待できます。

肩の冷えにはストレッチがおすすめ

肩の冷えをやわらげるには、まず緊張した肩・首まわりの筋肉をほぐしてあげることが大切です。
そこでおすすめしたいのがテレビを見ながらでも簡単にできるストレッチ。

■脇腹伸ばしのストレッチ(1)

  1. タオルを肩幅にもって、頭の上にあげる
  2. からだを真横に倒す
  3. 左右に10回ほどくりかえす

■脇腹伸ばしのストレッチ(2)

  1. 腕をだらんと下げる
  2. ひじを伸ばしたまま頭の上で手のひらを合わせる
  3. ゆっくりおろす
  4. 次はひじを伸ばしたまま頭の上で手の甲同士を合わせる
  5. ゆっくりおろす
  6. 10回程度繰り返す

■肩甲骨のストレッチ

  1. タオルを幅いっぱいに持つ
  2. 頭の後ろで持ち、真上に持ち上げる(バーベルを持ち上げる動きのイメージ)
  3. ゆっくり下げる
  4. 10回程度を繰り返す

これを1通りやってみると、肩周りがスッキリしてポカポカとします。
夜、ストレッチをしてから寝ると翌朝のスッキリ感が違いますよ。

LINEで送る
Pocket