梅雨時は古傷が痛む…?

120607_01

どんよりした天気が続くこの時季になると、なんとなく体の調子が悪かったり、古傷が痛んだりすることはありませんか?

これには科学的な根拠もあるのはご存知でしょうか。
では、天気が悪くなると古傷が痛むメカニズムとはどんなものなんでしょうか。

【天気が悪くなると古傷が痛むメカニズム】

  • 天気が悪くなる(=気圧が下がる)
  • 体は気圧の変化に対応しようと脳や神経を活動させる
  • その際に古傷の周りの痛覚が刺激される
  • 痛みを感じる

梅雨時は天気が悪い(=気圧が下がった)状態になることが多くなりますので、古傷に痛みを感じたり頭痛などの体調不良を感じやすくなってしまうのです。

梅雨時の不調への対処方法は

120607_02

天気をコントロールすることはできませんので、根本的な解決は難しいですが、体を温めることで環境への変化にも順応しやすくなり、症状を緩和することができるようです。

常にケガとの戦いとなるアスリートも、梅雨の時季は念入りにストレッチを行ったり、入浴、暖かいものを飲む・食べるなどを行っているそうです。

体を温める食べ物と言えばショウガ

食事で体を温めようと思うのならまず真っ先に思い浮かぶのが生姜でしょう。

特に近年の研究で【乾燥ショウガ】が体を温めるのに非常に有効であることがわかっています。
ただ、家庭ではなかなか【乾燥ショウガ】は手に入りません。

そこで【乾燥ショウガ】をたっぷり使用したサプリメント「金時しょうが粒」
体を温める【乾燥ショウガ】をたっぷりと配合!

さらに生姜は「国産金時ショウガ」を使用。
「金時ショウガ」は温める働きが通常の4倍もあると言われているんです!

今なら送料は弊社負担でお届けいたしますので、この機会に是非どうぞ。

120524_05
【乾燥ショウガ】をタップリ配合
金時しょうが粒
(1袋30粒/約半月分)
1袋 1,680円
お求めはこちら

1ヶ月分まとめてお買い上げいただくと【まとめ買い割引】!!
2袋(約1ヶ月分) 3,360円 ⇒ 3,192

120607_btn_01

オススメ自動で届く定期購入なら安い!
2袋定期(約1ヶ月分) 3,360円 ⇒ 2,856

120607_btn_02

LINEで送る
Pocket